ヨギボーの欠点は破れること?悪い口コミを調査してみた結果

ヨギボーの欠点は破れることやへたり、そして匂いと様々な噂がネット上の口コミであるようです。ヨギボーの欠点についての悪い口コミを調査してみたので、購入を検討されている方は参考にしてください。

 

▼▼▼公式サイトはコチラ▼▼▼

 

ヨギボーの欠点は破れると噂されているが実際に悪い口コミはあるの?

ヨギボーはアメリカ生まれのビーズクッションで、別名「人をダメにするクッション」とここ日本でも人気のあるクッションとして話題になっています。

ヨギボーの特徴は種類の豊富さが挙げられるでしょう。ヨギボークッションの種類は10種類でカラーの種類も17種類と購入するのに迷ってしまうのは間違いありません。

ヨギボーの中でも、一番人気はヨギボーマックスになっていて、カラーはライムグリーンが人気色になっています。

そんな、人気のヨギボーの購入を検討している方も多いと思いますが、ヨギボーの値段はマックスで3万円程度はするので、決して安い買物ではありませんね。

そのため、ヨギボーの購入を検討されている方は当然、実際に購入した方の口コミや感想が気になるところです。

ヨギボーの欠点を事前に知っていれば、購入をして後悔することは最低でも防ぐことは可能ですから。

そして、ヨギボーの欠点は破れることという噂があるようなのでその真相について、調査をしてみました。悪い口コミも調べてみたので、参考にしてみてください。ヨギボーの口コミについては、一番人気のマックスの口コミになります。

 

(悪い口コミ1)
ヨギボーを自宅のフローリングで直に置いて使用していたということもありますが、使用を開始して2か月程度でへたれてきました。ヨギボークッションは消耗品なので、いずれへたれが出るという覚悟はしていたけど、さすがに半年も持たないとなると、今後も使用していくか考えさせられます。ビーズを補充すればある程度の期間は使うことができるようだけどメンテ代も高くつきそうです。

 

(悪い口コミ2)
ヨギボーマックスの寝心地はとてもいいと感じています。でも、寝るのが難しく、初めての方は使い方に慣れるまで苦戦すると思います。あと、個人的にヨギボーの欠点を挙げるとしたら、においが臭いです。ビーズの臭いなのか科学物質系の刺激臭が強烈です。ヨギボーを購入して数か月経ちますが、いまだに臭いです。天日干しをして消臭剤を使用すればまだマシになるかと思います。次に、カバーがすぐに伸びてしまいました。その結果、ヨギボーの大きさも徐々に大きくなってしまうといった始末に。ちなみに、私の体重は70㎏程度とデブ体型ではありません。

 

(悪い口コミ3)
ヨギボーを通販で購入して2か月ほどが経ちますが、中のビーズが潰れやすく全体的にへたりが出てきました。使い始めの1か月くらいは使い心地もよかったんですが、今では床付き感があります。発泡スチロールのようなビーズなので、夏場は暑くて長時間使用するのは厳しいと思います。冬場には暖かくていいと思いますが。

ヨギボーを使用して破れたというような口コミを発見することはできませんでした。噂のようなことも考えられますが、あったとしても初期不良でインナーカバーが破れていたというようなことだと思いますが、初期不良であれば、メーカーに連絡をすれば無償交換に応じてもらえます。

そして、ヨギボーの悪い口コミで目立ったのは「臭い」や「へたれ」という欠点ですね。ヨギボーの臭いについては、天日干しをして臭い対策をすればまだマシにはなりますが、ヘタレの問題については何ともできません。アメリカ生まれのクッションでもあるので、製造自体の問題や使用している素材の問題もあると思います。

あと、ヨギボーの注文後に届くまでに時間がかかったというものもあります。販売店の在庫状況などの関係もありますが、人によっては1か月程度待たされたという人もいるようです。

それでも座り心地はとてもいいという口コミは圧倒的に多いので、購入後のメンテのことも考慮して購入を検討した方がよさそうですね。

次に、ヨギボーの良い口コミについても、お調べしてみたので、悪い口コミと比較してみてください。

 

(良い口コミ1)
我が家では、ヨギボーが家族間で取り合いになっているので、二つ目の購入をしました。ヨギボーの使い心地は文句なしにいいです。ヨギボーの欠点を挙げるとしたら、やはり「へたり」の問題は避けられません。その方の使用頻度の問題もありますが。そのため、ヨギボーの購入を考えている方は、購入後のメンテのことも事前に考慮して購入を決めた方がいいと思います。

 

(良い口コミ2)
ヨギボーのカラー選びには店舗に直接行ったりして結構悩みましたが、部屋に合うカラーとしてチョコレートブラウンを購入しました。ヨギボーマックスのサイズは結構大きいですが、立てることも可能なので掃除はし易いです。3人掛けソファやベッドとしても使えるので、子供も転がって喜んで使っています。私の場合は、通販で注文して約1週間で届きました。気になっていた臭いについても、半日ほどで気にならなくなりました。

 

(良い口コミ3)
ヨギボーのグレーの色を購入しましたが、ナチュラル系の我が家の部屋にもマッチしていていい感じです。座り心地や寝心地もよくて、我が家の猫も喜んで寝ていますよ。ペットがいるので、購入を悩みましたが、猫に爪とぎもされないし、トイレにもされていないのでとりあえずは一安心です。それでも、猫の爪がたまにカバーに引っかかることがありますが、ヨギボーの生地が強いので、今のところは破れなどの穴は開いていません。

ヨギボーの口コミには、やはり賛否両論の意見がありますが、それでも使い心地はとてもいいようです。ヨギボーの欠点であるヘタレや臭いの問題がクリアできる方にはおすすめのクッションだと思います。

⇒ ヨギボーの公式サイトを見てみる!

 

ヨギボーと無印のクッションを比較してみた!違いはこんなところ

ヨギボーと無印良品のクッションとで、購入を悩んでいる方もいると思います。ヨギボーは「人をダメにする魔法のビーズソファー」としてアメリカ発のビーズクッションとして人気です。

対して、無印良品のクッションは「体にフィットするソファ」として日本製のものとなります。

ヨギボーと無印良品のクッションの違いを以下に比較してみましたので、どっちを購入するか迷っている方は参考にしてみてください。

1、座り方(使用方法)の違い

無印良品のビーズソファは、縦置きと横置きとでは用途が違います。

縦置きで使用する場合は、基本的に昼寝の際に使用するのが最適といえます。無印良品のビーズソファを縦置きにすると、円状に広がって深く沈み込み、全身をソファにあずけることができて気持ちがいいです。

横置きで使用する場合は、基本的に読書やゲームをする際に最適な用途といえます。横置きの場合は、縦置き時と違ってちょっと硬さがでるので、肩から腰までの部分を包み込み、程よい姿勢をキープしてくれます。

ヨギボーは魔法のソファーというだけあって、変幻自在に形を変えることができるので、色んな用途で使用ができる万能ソファといえるでしょう。

2、カラーバリエーションの違い

無印良品のビーズソファは全色7カラー
ダークブラウン、グレーベージュ、緋色、ネイビー、けしずみ、綿デニム(ネイビー)、綿デニム(ヒッコリー)

綿デニムのカバーの値段は4,990円、他のカバーは2,990円となっています。

ヨギボーのカラーはタイプにもよりますが、最高17色となっています。

一番人気のライムグリーンを始め、レッド、ワインレッド、オレンジ、ピンク、キャメル、グリーン、アクアブルー、ネイビーブルー、パープル、ディープパープル、チョコレートブラウン、ライトグレー、ダークグレー、ブラック、クリームホワイト、イエロー。

ヨギボーはさすがはアメリカ発のクッションだけあって、カラーバリエーションも豊富です。原色系のものも多く、若い世代にも人気のでそうなカラーも特徴ですね。

3、サイズと価格の違い

無印良品のビーズソファは3種類あります。

【体にフィットするソファ】
高さ:43㎝、幅:65㎝、奥行:65cm、重さ:約6kg
価格:12,600円(税込)

【体にフィットするソファ小】
幅:45cm、奥行:45cm、高さ:33cm、重さ:2.4㎏
価格:8,990円(税込)
カラー:綿デニム2色(ネイビー、ヒッコリー)

【体にフィットするソファクッション】
幅:30cm、奥行:30cm、高さ:43cm、重さ1.2㎏
価格:4,990円(税込)
カラー:綿デニム2色(ネイビー、ヒッコリー)

 

ヨギボーのビーズソファは全部で10種類あります。

ここでは、人気のマックスシリーズの一部を載せておきますので、詳しくは以下の公式サイトを確認してください。

大(Max) 長さ:約170cm 幅:約70cm
厚み:約48cm 重さ:約8kg
価格:32,184円(税込)

中(Midi)長さ:約125cm 幅:約70cm
厚み:約45cm 重さ:約5.9kg
価格:24,300円(税込)

小(Mini)長さ:約85cm 幅:約70cm
厚み:約45cm 重さ:約4.2kg
価格:17,064円(税込)

ヨギボーと無印良品のクッションはいずれもカバーのみ洗うことができ、本体の洗濯はできません。値段や耐久性を考えると、個人的には無印良品のクッションの方がコスパはいいと感じています。

ただ、ヨギボーの方が種類が豊富なので、様々な用途に合わせて使うことができるので、結局は使用される方の目的によって選んだ方がいいと思います。

無印良品のクッションは、サイズ的にあくまでもクッションとして使うことができるので、ソファベッドとして使うにはサイズが小さ過ぎますからね。

ただ、ヨギボーと無印良品のクッションどちらを購入するにしても、持ち運びのことを考えると、通販で注文をした方が言うまでもなく楽です。ただ、実際に店舗に出向ける方はクッションの使い心地を事前に確認しておいた方が間違いないでしょう。

 

ヨギボーが購入できる店舗情報【全国の取扱店一覧】

ヨギボーはアメリカ生まれの魔法のビーズクッションとして、2014年11月にここ日本でも販売が開始されました。そして、ヨギボーはこれまで様々なテレビなどのメディアでも紹介をされ知名度も一気に上がっています(主なテレビ放送は、モーニングバード、今ちゃんの実は、バイキング、関ジャニ∞のジャニ勉、ヒルナンデス!)。

ヨギボーの販売会社は日本では、株式会社Yogibo Japan(ウェブシャーク)が取り扱っています。

そして、ヨギボーの購入を検討されている方は、どこで購入ができるのか、売っている場所が気になりますよね。

そこで、ヨギボーの販売店舗についてご紹介をしていきます。ヨギボーは市販だけではなく、通販でも取り扱いがあるので価格など参考にしてみてください。

個人的におすすめの購入方法は、近くにヨギボーの取扱店舗があれば、実際に商品を見て試してみてから通販で購入という流れがおすすめです。

店頭での購入の場合、持って帰ってくるのに一苦労なうえに、店舗によっては在庫がない場合もあるので、通販の方が自宅に直接届くので女性でも安心という理由からです。

まず、ヨギボーの店舗での取扱店情報をお調べしてみたところ、以下の店舗で取り扱いがされていました(店舗情報については記事作成時点の情報となります。)。

 

【北海道エリア】
・イオンモール札幌発寒店
・ラソラ札幌店 ※2019.7.15までの期間限定
・イオンモール苫小牧店 ※2020.2.11までの期間限定

【東北エリア】
・ELM店 ※2020.1.26までの期間限定
・イオンモール名取店
・イオンモールいわき小名浜店 ※2019.9.1までの期間限定
・楽天モバイル 仙台駅前店
・フジヤ家具

【関東エリア】
・青山店
・新宿マルイ アネックス店
・ヴィーナスフォート店 ※2019.9.1までの期間限定
・ららぽーと立川立飛店
・モリタウン店 ※2019.8.31までの期間限定
・コクーンシティ店
・ららぽーと新三郷店
・ららぽーと富士見店
・イオンモール羽生店
・イオンレイクタウンkaze店 ※2019.8.25までの期間限定
・モラージュ菖蒲店 ※2020.1.26までの期間限定
・高崎OPA店 ※2019.8.25までの期間限定
・インターパークスタジアム店 ※2019.8.12までの期間限定
・福田屋宇都宮店 ※2019.8.25までの期間限定
・ららぽーと湘南平塚店
・コレットマーレ店 ※2020.1.26までの期間限定
・MARK IS みなとみらい店
・ららぽーと海老名店
・イオンモール幕張新都心店 ※2019.6.14までの期間限定(2019.6.28からリニューアルオープンを予定)
・八千代店
・ららぽーとTOKYO-BAY店
・イオンモール千葉ニュータウン店 ※2020.1.19までの期間限定
・イオンモール土浦店 ※2019.9.1までの期間限定
・イーアスつくば店 ※2020.2.24までの期間限定
・ららテラス武蔵小杉店 ※2020.1.13までの期間限定
・ビックカメラ船橋東武店
・ビックカメラ(生毛工房)柏店
・タハラカグ
・銀座伊東屋(小物のみ取扱い)
・ビックカメラ AKIBA店(小物のみ取扱い)
・ビックカメラ(生毛工房)有楽町店
・ビックロ ビックカメラ(生毛工房)新宿東口店
・ビックカメラ(生毛工房)赤坂見附駅店
・ビックカメラ(生毛工房)JR八王子駅店
・ビックカメラ(生毛工房)立川店
・ビックカメラ(生毛工房)ラゾーナ川崎店
・ビックカメラ(生毛工房)藤沢店
・インテリアショップ シュクレ水戸店

【東海エリア】
・星が丘テラス店 ※2019.8.25までの期間限定
・イオンモールナゴヤドーム前店
・イオンモール名古屋茶屋店
・ららぽーと名古屋みなとアクルス店
・イオンモール大高店
・セントラルパーク店 ※2020.1.26までの期間限定
・T-FACE店 ※2020.1.19までの期間限定
・イオンモール長久手店 ※2020.1.26までの期間限定
・イオンモール常滑店
・モレラ岐阜店
・静岡モディ店 ※2020.2.24までの期間限定
・LINDRA グローバルゲート店
・ビックカメラ(生毛工房)名古屋JRゲートタワー店
・ビックカメラ(生毛工房)名古屋駅西店
・じぶんまくら豊川店
・home stage tanaka豊田元町店
・LOVER’S ROOM モゾワンダーシティ店
・LOVER’S ROOM イオンモール浜松市野店
・COLOR イオンモール浜松志都呂店
・じぶんまくら浜松天王店
・LOVER’S ROOM 植松本店
・花岡家具センター
・colorイオンモール松本店
・岡本総本店 津店
・home stage tanaka 桑名店

【北陸・甲信越エリア】
・イオンモール甲府昭和店 ※2020.1.26までの期間限定
・イオンモール新小松店

【近畿エリア】
・西宮ガーデンズ店
・イオンモール神戸南店
・ららぽーと甲子園店 ※2020.2.11までの期間限定
・くずはモール店
・御堂筋本町店
・あべのキューズモール店
・ららぽーとEXPOCITY店
・ららぽーと和泉店
・イオンモールKYOTO店
・ならファミリー店
・ビックカメラ(生毛工房)JR京都駅店
・ビックカメラ(生毛工房)なんば店
・ファミリーマートアメ村西心斎橋店
・Relaxation shop Saiman
・スリープデパートメント シングシング byふとんのマツムラ

【中国・四国エリア】
・イオンモール岡山店 ※2021.1.24までの期間限定
・アルパーク広島店
・THE OUTLETS HIROSHIMA店
・イオンモール広島府中店 ※2019.6.29までの期間限定
・イオンモール徳島店 ※2020.3.1までの期間限定
・イオンモール今治新都市店 ※2020.2.23までの期間限定
・kiss
・BINGOYA SUPER SHOP鳥取
・BINGOYA SUPER SHOP米子
・BINGOYA SUPER SHOP松江

【九州・沖縄エリア】
・キャナルシティ博多店 ※2019.8.25までの期間限定
・イオンモール福岡店 ※2019.9.16までの期間限定
・イオンモール筑紫野店
・イオンモール八幡東店 ※2020.8.31までの期間限定
・イオンモール熊本店 ※2020.1.13までの期間限定
・パークプレイス大分店
・イオンモール沖縄ライカム店 ※2020.1.13までの期間限定
・プーラビーダ 宇土店
・プーラビーダプラスプラス

以上のように、ヨギボーは日本国内の取扱店だけでも、かなりの店舗数があります。ヨギボーを実際に手で触って感触を確かめたい方は是非、店頭に足を運んでみることをおすすめします。

また、ヨギボーは便利な通販での取り扱いもあり、以下の通販サイトで販売されています。

・公式サイト
・楽天市場
・アマゾン
・ヤフーショッピング
・&mall(三井ショッピングパーク)
・Wowma!
・LOHACO

通販サイトによっては、取扱いの種類に違いがあり、在庫がない場合もあるので、その場合は公式サイトを確認された方が確実です。また、ヨギボーの販売価格については各通販サイトで違いはないので、セール期間を狙ったり、普段使用している通販のポイントを利用したりと最安値で購入ができるように計算をされるといいと思います。

以下のヨギボーの公式サイト(ストアリスト)からも、全国の取扱店舗の詳細が確認できるので、店舗に足を運んでみたい方も参考にしてみてください。もちろん、公式サイトからヨギボーの注文も可能です。

⇒ ヨギボーの公式サイトを見てみる!

 

種類やカラーは何色あるの?

ヨギボーソファを購入するにあたってまず悩むのが、その種類の多さだと思います。ヨギボーソファは現在10種類展開されているので、購入する方の用途などによって、選ぶソファが違ってきます。

ヨギボーのなかでも人気のソファは何といっても、Yogibo Max(ヨギボーマックス)になります。ヨギボーマックスの特徴はその万能さにあると思います。ヨギボーマックス一つで、椅子、ソファ、ベッドに変えて様々なシーンで使うことが可能です。

ヨギボーのどのソファを購入しようか迷っている方は、ヨギボーマックスをまず選んでおけば間違いはないと思います。ただ、長さが170cm程度と大きいので、設置するお部屋のサイズによっては狭くなることも考えられるので、一度店舗で下見をしてから購入した方がいいかも知れません。

そして、次に迷うのが選ぶカラーですね。ヨギボーマックスは特にカラーの種類も多く、現在17種類のカラーが販売されています。カラーは部屋のイメージに合ったものをできるだけ選びたいですね。

ヨギボーソファはほかにも次の種類があるので、目的にあったヨギボーを探してみてください。

・Yogibo Midi(ヨギボーミディ)
マックスのサイズが大き過ぎるという方にはおすすめです。一人用のチェアやラブソファにもなるサイズで、カップルの方や一人暮らしの方におすすめのサイズです。

・Yogibo Mini(ミニ)
一人用のチェアやソファになり、子供部屋や一人暮らしの部屋に最適なサイズです

・Yogibo Lounger(ラウンジャー)
1人用のソファとして設計されていて、読書、映画鑑賞、ゲームの際に重宝するタイプとなります。

・Yogibo Drop(ドロップ)
見た目からカワイイ、1人用の水滴型ソファです。円形のソファなので、どこからでも座ることができるインテリアとしてもグッドなタイプです。

・Yogibo Short(ショート)
マックスの機能性をそのままスリムに整えた細身のソファで、チェアや二人掛けソファなど用途は色々使えます。全長約130cmと小ぶりなサイズとなっているので子供や女性にもおすすめです。

・Yogibo Pod(ヨギボーポッド)
ドロップの大きいサイズ版がポッドにあたります。読書、ゲーム、リラックスタイムなど色んなシーンで活躍してくれます。ドロップと同様に水滴の形をしているのでどこからも座ることが可能です。

・Yogibo Pyramid (ヨギボーピラミッド)
コンパクトソファがウリのピラミッドは、小さな子供におすすめです。どこから座っても程よい背もたれが作れるのが特徴です。

・Yogibo Bubble(ヨギボーバブル)
ツートンカラーの円柱型のソファで子供用にもおすすめです。カラーデザインも他のヨギボーと違うので、違ったデザインを楽しみたい方にもおすすめです。

・Yogibo Double(ダブル)
マックス2つ分のサイズで、カップルや家族で使える特大サイズになります。すでにマックスを持っている方は、もう一つのマックスとカバーを購入すればダブルにすることも可能です。

⇒ ヨギボーの公式サイトを見てみる!

 

洗濯方法は?洗濯機で洗っても平気?【お手入れ方法】

ヨギボーソファの購入するカラーやサイズは決まったけど、購入後のアフターケアなどのことも気にしている方もいると思います。

ヨギボーは当然、消耗品になるので、使用の経過と共に汚れやへたれも発生してしまいます。せっかく高いお金を出して購入をしたからには、少しでも長く使い続けたいですからね。

ヨギボーはカバーの取り外しが可能になっているので、万が一汚れがカバーに付着してしまった場合には、アウターカバーのみ洗うことができます。

ヨギボーのカバーを洗う場合は、自宅の洗濯機で普通に洗うことができます。カバーを洗濯機で洗う際の注意点としては、破れや傷みなどを防ぐために「一番弱い」モードを選択して、漂白剤を使わず冷水で洗うようにしましょう。部分的な汚れがひどい場合は、洗濯機に入れる前に一度手洗いをして汚れを落とすようにしてください。

この際に、カバーのみを洗うようにして、他の洗濯物とは一緒に洗わないようにしてください。色が付着してしまったり、絡まって損傷の原因にも繋がります。

カバーの洗濯後は乾燥機を使う場合、低温乾燥モードにし、乾燥機を使用しない場合は日陰に平干しします。干した後はアイロンをかけないで、カバーをそのまま装着して完成です。

ヨギボー本体は洗うことはできませんが、使用をしているとへたりがでてくることがあります。その際は、別売りの補充ビーズを足してへたりをある程度防ぐことができます。

タイトルとURLをコピーしました